心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活
トライバル・ベリーダンサー、アーティストとしてのSawakoの面白カリフォルニアン生活をご紹介。\r\n\r\n”踊る”ことは”祈ること”。\r\n\r\nダンスとアートを通して、心と体の魔法に気付いていく日々を綴ってあります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
情熱のバチャータ ダンス!
さて、今年の私のダンステーマは
   
!情熱!

ということで、今年はそのテーマをもとに私のダンス人生が展開されていってます。

今年はいろんなほかのダンスのクラスを取っていこうと思って、日本から帰ってきてとにかくおもしろそうなダンスのクラスをサクラメント近郊で見つけてみました。

で、昨日いってきたのがこのダンス

BACHATA

聞いたことのないダンスでしょ?

私も初めて私のTribal Fusion Bellydanceの先生STARにきいて、彼女と一緒に行ってきました。

Bachata Danceはもともとはチェコ共和国で生まれたダンス。

でも、ハードコアーなラテン・情熱のダンス!
サルサ、タンゴ、そのほかラテンという名のついた社交ダンスが全部混ざったって感じのダンス。

そうです、社交ダンスといえばパートナーがいるってこと。 

このBachataダンスは、サルサ、タンゴに劣らず、いや、もっと過激に・・・

近い!!  熱い!!

って感じです。

男性リードのダンスなんて高校生のフォークダンス以来。 
あの時ほどのドキドキはあんまりないけど。(私も大人になったのか?)
やっぱり、

近い!! 熱い!!

クラスは女性、男性同じぐらいいて、パートナーを常に変えながら進んで行きました。

こんな短時間で男をかわるがわるなんて、なかなかできない経験。

なんだかスピードデートでもしてるかのよう。

最初クラスに来る前、どんな男性軍かちょっと心配だった。 

というのは、私のタンゴをしてた友達からの助言が・・

”あんた、いつも若いかっこいいにーちゃんと踊れると思ったら大間違いよ。 たまには口の臭いおっちゃんとも
踊らないといけないんだから!”

それも覚悟のうえ、と、行ってみたら。

年齢層は20代から60代ぐらいと様々だけど、みんな長年Bachataもしくはサルサ経験者らしく、みんな上手。それも、いやらしい踊り方をする人もいなかった。

逆にみんな礼儀正しく、気を使ってくれてる。

かわいい男の子もいたし、マッチョな人もいたし、紳士な人もいた。やっぱりラテン系の人が男陣は多かったかな。

10人ぐらいの違う男性と踊ってみて、ホント、一人一人の踊り方、リードの仕方の違いがおもしろかった。その人の人生がそのまま出てるって感じかな。

まだ、ドキッとさせられるような踊りをするまでには至らなかったけど、私は今まで一人で自由に踊ることが多かったし、普段の生活でも自分で主導権をにぎるほうだから、男の人にこういう風にリードされるってのは私にとってすごい勉強になった。

明け渡す練習? ちょっと気を抜くと初心者のくせに、ついリードしそうになる私・・・

もうひとついい練習になったのは異性に対して性的感情、欲情をそのままストレートに出すようにすること。

とわ言っても初心者の私はステップでまだ頭がいっぱいだけど、以上に近い体のポジションだけでも何となく居心地がいいようあ悪いような。 

サルサみたいに腰を振るけどあるポジションでは男性の足にほとんどまたがって乗っかっちゃってる状態で腰を振ってる。 どうかすると私の足もちょっと間違えれば相手の股間直撃!

まあ、当たったら当たったでしょうがないか、怖がってたら何にも学べない、と体あたりのダンス。


でもこのポジションこのバチャータダンスではとっても大切みたい。 自分と踊る相手の最初のコネクションを作る大事な儀式みたいなもののようなんだけど…なれないと、どうしてそんなにくっつくの! って言いたい。

自分の恋人以外の異性でここまで接近してのコネクションづくりもあんまり普段できない経験だなぁ。

では、バチャータダンスを見てみる?


クリックして


もう少し、ステップが考えないでできるようになれば情熱いっぱいで目の前の相手を恋人以上に思えるようになるかもれない。

少なくともそれが私の目標。 

正直に、自分の中の情熱をストレートに出す。

これができるようになればまた、一人で踊ってるときにも自分の感情、情熱すべてを丸出しにできる踊りができるようになると思う。 

一人で踊っててもダンスの相手は必ずいる。 自分の中のもう一人の自分、それから観客のみんな。

自分自身に向けて、そして観客に向けて私の全部をさらけ出せるようになりたい。

スポンサーサイト
DATE: 2010/02/06(土)   CATEGORY: ダンサーの心得
体と心を元気にする方法
ダンサーとして、いつも気遣っていること、それは体の健康プラス心の健康。

一方どちらが欠けても健康ってなりたたない。

心は体の鏡で、体は心の鏡。 

私たちの心の持ちようは体にそのまま反映される。

自信がないとき、悲しいときは目線が落ちて背中が丸くなる。
自信に満ちて、わくわくしてるときは目線も上がって胸を張りたくなる。


そして、体のちょっとした動作は気持ちに影響を与える。

悲しくもないときに目線を落として背中丸くして、しばらくするとくらぁい気分になってくる。

これは一種のれっきとした自己催眠。 

だとしたら、悲しいとき、いやなことがあった時は目線をわざとあげて背筋を伸ばして、さらに笑いたくもないのに唇の端をちょっとあげてみる。

・・・すると、びっくり気持ちが一転しちゃう。 

催眠ってすごいなぁ。 

知ってますか? 私たちの脳は実際におこってる出来事と頭の中で考えている出来事の区別がついてないこと。

だからこういう自己催眠ができちゃう。

笑いたくないけど筋肉は笑っているときの動作をしていると、脳に“今うれしいことがおこってます!”という指令が勝手にいってしまうわけ。

なんて便利。

いつも幸せでいるちょっとしたこつ。



私たちにはいつも2つの選択肢がつきまとう。

ー幸せになる。

ー不幸になる。

この選択肢は周りの人が決めることはできない。 どんなひどいことが起こったとしても、そのときに幸せでありたいとねがえばその選択をすることのできるのは自分だけ。 不幸のままでいいと選択するのも自分だけ。

その選択権は自分が握っていること、そして選択した方に自分の気持ちを切り替えることができることを知っているとどんなことが起こっても、人を責めることができなくなっちゃう・・・

・・・・はず。 

ここが修行のしどころ? 

どんなに自分で

“幸せに越したことはないでしょう? なんでわざわざ不幸を選ぶの?”

って思うと思うけど、結構知らないうちに不幸のほうを選択してるのって多いです。

最近自分がわざと不幸を選択しているのに気付き始めました。気付いた時は自分でびっくり。

結構私たちって韓国ドラマに負けないぐらい不幸好き? 

だから、テレビドラマなんかがドラマチックじゃないと面白くないと思うのは当然かも。
 

まあ、なんにしろ、まず気付くことは幸福の一歩かな。


この選択を頭で無意識に行っているとき、それはそのまま体に影響しているということ! おぉこわ。


だから踊っているとき、私の体からでるエネルギーは私の心に直行。そして私の心から出るエネルギーは体に直行。
踊りに私がそのまま出る。

わたしは踊るときに一番大切にしていることがある。 それが自分の中心をしっかり持って踊るということ。
私のありのままをそのまま踊りに表現するということ。

そしたら、私の表現したいものはしっかり見てる人たちに伝わる。

sac


まだまだその点は私も未熟なところがあるけど、前よりももっともっと自分を自然に表現できるようになってきた。
そういう風に表現できるまで私を導いてくれたのがこの先生。

大伴由美子先生。

彼女は私たちの中と外をひっくり返すようなワークをされる。 彼女は湧式呼吸法、体心点呼吸法の創始者。

由美子先生の紹介はまた今度。 

沖縄でこの先生に出会ってから、私の中は何度もひっくり返されて、最初は自分は壊れてしまったかと思ったこともある。 でもそれも今の私があるためのカオスだったって今は思う。

人生の中でなかなかこんな先生にお会いできることはないんじゃないかなぁ。

とっても素晴らしい出会。

自分の心の成長とともに、体も限界を知らないかのように変わっていっている。

今年私は33歳になった。 でも、今までで一番、体力、運動神経ともに最高地点にいる。

ダンスをしていてそれを毎日のように痛感する。 


もし、由美子先生のワークショップに行ける機会があったらぜひ行ってみてください。

次回のワークショップは3月の沖縄! 私は5月に長野のワークショップへいきます!



2010年 3月 湧式呼吸法ワークショップ in 沖縄 のご案内



======================================
日程:2010年3月27日(土)~28日(日)2日間
(27日 9:00 ワーク開始 ~ 28日 17:00 ワーク終了予定)

集合時間・場所:3月27日(土)8:30amより受付 8:40ホテル出発
会場: 沖縄市比屋根 ハピーハンド湧 (大伴由美子先生アトリエ)

講師: 大伴由美子先生(湧 瞑想呼吸 ・体心点呼吸研究室 主宰)
定員: 15名
オーガナイザー: 斎藤 麻紀

(湧 瞑想呼吸・体心点呼吸研究室会員/認定インストラクター)
=======================================



その他、宿泊・レンタカー代として別途21000円程度

○宿泊場所:東京第一ホテル オキナワグランメールリゾートにて3月26日より3泊4日
                     http://daiichihotel-okinawa.com/ 
     宿泊は参加者の皆様と相部屋(4人部屋・お部屋は広くて海が見えきれいです!)

(お仕事等で20日朝にいらっしゃる方、または22日にお帰りになられる方はご相談ください)

○レンタカーもみんなで利用できるようにします。
○上記値段には食事代は含まれておりません。その都度個人払いです
また、こちらで用意するホテル以外の場所に宿泊することも可能です。その場合は、ご自分で手配の上、レンタカーのご用意もお願いいたします。



●注: 飛行機は各自お取りください。空港からホテルまでの移動は、ホテルの送迎バス(無料)をご利用ください。ホテルのHPに時刻表が掲載されています。ご確認の上飛行機の時間を合わせるとよいかと思われます。空港からホテルまでは1時間~1時間半です。



*   *   *   *   *


*大伴由美子先生が日ごろ過ごされているエネルギーあふれる場での沖縄ワークは格別です!由美子先生の描かれた絵が100点ほど展示されたギャラリーは、なんとも素晴らしい空間になっています。 そこに入っただけで、私たちの体のエネルギー状態は整えられ、心身ともに浄化されるよう!そこでの瞑想は最高です。海に行ったりおいしい沖縄料理を食べられるのも、沖縄ワークの醍醐味です。

また、由美子先生の旦那様がなさっている大伴クリニックでは、皆様のお体の検診をしてくださいます(要予約)。もっとも安全でもっとも優れた検診です!ご興味ある方はワーク前、26日の金曜日に受診されることをお勧めします!ご相談ください。



――――≪お申し込み・お問い合わせ先≫―――――

 斎藤麻紀   TEL : 0266-70-2510   携帯 : 090-5605-6460

         Mail :himepep@hotmail.com
**また2010年5月15~16日は、長野県八ヶ岳原村ワークショップも開催されます。



Copyright © 心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。