心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活
トライバル・ベリーダンサー、アーティストとしてのSawakoの面白カリフォルニアン生活をご紹介。\r\n\r\n”踊る”ことは”祈ること”。\r\n\r\nダンスとアートを通して、心と体の魔法に気付いていく日々を綴ってあります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ジプシィの美しさ/コリーナ・シャクティ先生 
Colleena Shakti この人の美しさの理由は見かけだけでなくうちから湧き出てくるものだと思う。

こんな風に女のひとを目の前にして見とれてしまうことってあまりないんじゃなかな。

彼女は私よりも少し若い、でも芯がまっすぐでとっても強いのがよくわかる。
確か5,6年前に一人インドに渡ってインド伝統舞踊の一つオディッシーの訓練を受けた。

現在北インドのほうでオディッシーの学校を作って、彼女のグル(先生)と共に子供たちや海外から来るダンサーたちにオディッシーをおしえている。

http://www.colleenashakti.com/?pg=Dance+Retreats&PHPSESSID=43910ba420986712c4af876b83816907

北インドラジャスタン地域に住んでいてそこのジブシーたちの文化や生活を学び始めて、今では彼女もジプシーたちの仲間の一員。 

ジブシーたちは彼女にそこでの生活の仕方や踊り方を教えてくれて、お返しに彼女は彼らにパフォーマンスの心得、彼女の踊りを教えている。

本物のジプシーたちの写真や彼らのことを話に聞くのは初めてだった。

彼女は夏にサクラメントからそれほど遠くないYogaのリトリートセンターで週末の集中ワークショップを開いている。 去年初めてそれに参加した。

odissi retreat


その時に彼女が教えてくれたのはオディッシーの踊りの中にある心。ラジャスタンのジプシーの踊り、宮殿の踊り、伝統舞踊カタックの踊りを通してのそこの人たちの文化、生活、生き方、気持ち。

オディッシーは東インドの伝統舞踊でもともとはお寺でしか踊られていなかった踊り。
一時期禁止されて、途絶えてしまったものをある有名な踊り手が復活させて今のオディッシーの踊りになっている。 現在ではお寺以外でもパフォーマンスとして踊られているけど、演目はだいたいヒンズーの神様たちのお話を語り継いでいくもの。

オディッシーは、祈りであり、瞑想であり、生きることそのものであるような気がする。

踊ることが息をするように生きることの一部なのである。

ヨガとおんなじ、ただの体を動かす運動ではない。 

だから、自分の生き方そのものが踊りにつながっている。

踊る時の踊り手は空っぽにならなくちゃいけないの。自分をすてて、必要なものを受け取るために。
私は降りてくるものをそのまま踊りで伝える役をしている。それがオディシーのダンスの役目。

と、コリーナは言う。

踊りだけ練習していても、日々の生活で足が地についていなかったり、自分の中心がぶれていれば
本当の踊りができないということ。

それはオディシーに限らず言えることかもしれない。
人の踊りを見ているとその人がどんな人か大体分かる。 どんなに技術のある踊りでも心が乱れている踊り
気持ちのない踊りは見てる人にそれが伝わると思う。

コリーナのリトリートでは体も本当に絞られた。
2日目から3日目ずっと、今まで感じたことのないぐらいの前身筋肉痛!

この週末だけでもすっごく体がしまった感じがした。

最後の日は打ち上げのダンス。
コリーナはオディッシーとラジャスタンの踊りを披露してくれた。

参加者の中には私のほかに3人ATSを踊っている人がいた。ので、みんなで即興しました!
おみごと、衣装も合うし、音楽かけるだけで、知らない人と一緒に踊れるってすごい快感。

ATSのすごさも実感したリトリートでした。

odissi1
odissi2


リトリート中の素晴らし筋肉痛のおかげで、体ができてないと本当にオディッシーは踊れない。 
それを本当に実感。

でも体がしっかりできあがると自分の中心軸がしっかりしてくる。 
そうすると体だけじゃなくて心も強くなる。

体心点に通じるものがあった。

逆に言うと、心がふらふらした状態だと体も中心が取れないということになる。

踊るということは本当に自分づくりに大切だとつくづく思った。

コリーナのすごいところは、生半可じゃないインドの伝統舞踊の訓練に耐えてきたこと。
彼女自身も何回もやめようと思ったって言っていた。でも続けてここまでのダンサーになって
る彼女は本当にすごい。

アメリカの凄腕ダンサーたちもこういう彼女には一目置いている。

彼女にはダンスのグルのほかにスピリチュアルグルもいる。彼について祈りの旅をしたり、
ずっと修業を積んでるからこんなにキラキラうちから輝いてるんだろうな。

私の目標にしたい人コリーナ。

また今年も会いに行きたいな。

   *** 
Love like you have never hurt before
   Work like you do not have to
   Dance like no one is watching......
    ***
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。