心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活
トライバル・ベリーダンサー、アーティストとしてのSawakoの面白カリフォルニアン生活をご紹介。\r\n\r\n”踊る”ことは”祈ること”。\r\n\r\nダンスとアートを通して、心と体の魔法に気付いていく日々を綴ってあります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
キラキラ笑顔光線! スージー
Middle Eastern Camp でダンスのクラスは毎日10クラスほどある。 そのほとんどは、初級から上級まで結構テクニックを習ったり、振り付けを習ったりと、頭と体をフルに使うクラスばっかり。

その中でこの先生のクラスは、クラスに来た人全員が笑顔でいられずにはいられないクラス。

Suzie&me

踊りながら誰もかれもをキラキラ笑顔に変えてしまうスージーはターッキシュ・ベリーダンスの先生。
旦那様は有名なミュージシャン Omar Faruk Tekbilek.
http://www.omarfaruktekbilek.com/Alif.html

毎日毎日のダンスと音楽の練習に明け暮れる中で、スージーのクラスはちょっと一息の場所。

彼女のクラスはWarm Upもなければ、ドリルもない、一切テクニックの練習なしのクラス。

スージーは”じゃあおどるわよー。Ready?"

とBroken Englishで言いながら音楽をかける。 ただ彼女について踊るだけ。 

普通なら、すぐ飽きそうなクラスなんだけど彼女のキャラクターがすごい。 みんなを引きつけてやまない。 音楽に合わせて踊ってるだけなのに、彼女のキラッキラの笑顔光線は彼女の周りをすべて幸せエネルギーで包んでしまう。

よく色々なダンスのクラスで生徒が集中していると真顔で踊ってることってよくある。 そんなときよく先生は普通、”はい!笑顔忘れないでねぇ。”って笑顔で生徒に促す。

スージーのクラスでそんな言葉を聞くことはない、私たちは自分たちが笑顔だってことも気づかないで、笑顔いっぱいで踊ってるから。 心から躍るのが楽しいって自然に思ってしまうから、笑顔が勝手に出てくる。

このクラスにきて、“そうだよ、私このために踊ってるんだよ。 楽しいから、幸せだから、ワクワクするから。” 

テクニックの練習の毎日で忘れがちになってしまうこと、何のために踊ってるのか、何を表現しようと思ってるのかそのことをスージーはみんなに思い出させてくれる。 彼女の踊りで思い出させてくれる。 

それってダンスの一番にせつなエッセンスのところだよね。 これを忘れたら踊ってる時に笑顔なんて出てこない。 踊ってる人が心から躍りたいって思って踊ってないければ、楽しいって思ってなければ、見てる人がその踊りをみて楽しめるわけがない。 

本当の笑顔は、幸せはすぐ周りの人に感染する。 だから踊ってる人も見てる人もすごい高いエネルギーを両者から同時にもらえる。 

私はそういう踊りがしたい。 そういう踊りを教えたい。 

私が自分のために踊れるダンス。 自分のために100%踊れた時、初めて周りの人のためにも踊れたって言えると思う。 自分が幸せになれたら、そうやって周りの人も自然に幸せになれるように。

スージーの笑顔、これからずっとつなげていきたいな。

          *** 
  Love like you have never hurt before
   Work like you do not have to
   Dance like no one is watching......
          ***
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。