心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活
トライバル・ベリーダンサー、アーティストとしてのSawakoの面白カリフォルニアン生活をご紹介。\r\n\r\n”踊る”ことは”祈ること”。\r\n\r\nダンスとアートを通して、心と体の魔法に気付いていく日々を綴ってあります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
僕の国の伝統を守って!スヘイル・キカスパー・1
さて、話は2週間前のMiddle Easten の音楽とダンスのキャンプにもどります。

今回の先生はスヘイル・カスパー Souheil Kaspar

Ziva-Souhail-Victoria.jpg
            ZivaとSouhelとVictoria

このキャンプの間私は朝の6時から10時までキッチンで朝食を作っていました。

初めてスヘイルにあったのは朝ごはんを配膳していた時。 背が低くて、ナンパな良くしゃべる変なおじさん。 これが最初の印象。 

「日本人?」 と朝ごはんのときにうれしそうに私に話しかけてきたおじさん。 

「そうだよ」 と答えると。 

「僕スヘイル、12月に日本におしえに行くんだよ。」ともっとうれしそう。 

ここで、あっ先生なんだ。ときづく。 よく考えたらここに来る前にスヘイルって人のウェブサイトをみたような・・・私の記憶の中では彼はもっと若くて背が高い人に見えたけど・・・・。

「あ、そうなの。私も12月に毎年日本に帰ってベリーダンスおしえてるよ。」と返答したら。

「教えてるの?じゃあ、質問に答えて。 ベリーダンスで使うリズムで何を知ってる?」

私はこの6年トライバルしか踊ったことがない。 だからリズムはあまり知ってる方じゃない。 私のパートナーのスティーブがタブラを演奏する時に使う基本的なリズムだけは知ってた。 でもあんまり自信はなかった。

「えっと…よく使われる基本的なもの、バラディーとかサヒディー、シフテタリ・・ならわかる。」

「そう、じゃあバラディーやってみて。」

え?やってみてって、たたく?踊る?

「Dum,Tek,Dum Dum Tek.....?]  あせった私の口から出てきたのはサヒディー!

「違う、それじゃだめだ、ぼくのクラスに来なさい!」

この出会いで私のエジブシャンスタイル・ベリーダンスの試練ははじまった。


私がキャバレースタイル(オリエンタルって日本でいってるんだよね。)を全くしなかった理由はいくつかある。

1.1番最初に受けたベリーダンスはキャバレースタイルで、最悪のクラスだった、コスチュームを見たとたん冷や汗が出た(趣味が悪いコスチュームだったから。) 2回ぐらいいってやめた。

2.私もこれ踊りたい!って思わせるようなダンサーやいい先生との出会いがなかった。


3.クラシカルの中東の音楽は全部一緒に聞こえた。おもしろくなかった。

3.アメリカン・トライバル(ATS)のいい先生を見つけて、他のスタイルが見えなくなった。

しかしながら、最近サクラメント近郊のいろいろなダンサーと知り合う機会が増えて、自分でもいろいろな先生やすばらしいダンサーを見るようになってきてから、キャバレースタイルもおもしろそうかも。 と思い始めた。 

本当に素晴らしいダンサーのパフォーマンスを見ると、キャバレーもトライバルも同じぐらい興味がわいてくる。 

それに、私はもともと楽器と音楽で育ったから、ドラムソロなんて(特にSadieに実際に会ったあと)自分の体が楽器みたいに踊れるんだから、私に取ったら一石二鳥。 おもしろくてたまらない。

特にスヘイルのクラスでは、「君たちダンサーは指揮者なんだ!耳をふさいでいてもダンスを見ているだけでどんな音楽が演奏されているかが分かるように踊りなさい。」
と耳がタコになるほど聞かされるようなクラス。 おもしろくてしょうがない。

それに、来年から自分のクラスをここサクラメントでまた再開しようと決めてから、ベリーダンスのルーツ、音楽、文化をもっと知りたいと思った。 

特にキャバレースタイルの先生を持たない私には、ソロを中東クラシックの音楽で踊れって言われるとどうしていいか分からなかった。 リズムの基本はわかるけど、そのリズムとダンスの関係がいまいちピンとこなかった。

そんあわたしのなかにあった?に答えてくれたのがこのおじさん。

ほんと、おっちゃん!って軽々呼んでしまうようなこの人、スヘイルは実はアカデミー賞にノーミネーとされたエジブシャン・タブラ(ドラム)の先生。 スティングやシャキーラとも共演しているLAではかなり有名なミュージシャンなのでした。

こんなすごい人なんだけど、そんなことを感じさせないスヘイルはとってもやさしい。

クラスではきびしいよ。 特に伝統的なエジプシャンの音楽の訓練を受けてきてるだけあって、おしえる時は甘い顔はしてくれない。 でも、それは彼が生徒みんなが素晴らしいダンサーになれるように強く願ってるからだと思う。 

優しさから出てくる厳しさ。 彼のもとで学んだ生徒で涙を流した生徒も少なくないと聞いた。 写真に写ってるビクトリアもその一人。 でもこういう厳しさも必要な時がある。 

こんな先生って高校生、中学生の時にいなかった? 怖いけど、私たちのこと一番に思ってるって生徒が感じてる先生。 最近は少なくなってきたのかなぁ。

そういう厳しいスヘイルにほとんどの生徒は怖れおののいている。 特に彼の前で踊るとなるとすごい度胸がいるのだ。 

彼は“プロフェッショナル”で踊ってるダンサーたちにとても厳しい。 特に最近はアマチュアとプロの境があやふやになってきている。 ちょっと踊れたら、わたしベリーダンス教えます。っていう人はかなり多い。 

アメリカではベリーダンスって言ったらエジプシャンも、ターキッシュも、レバニーズも中東にある国のものは何でかんでも入り混じってて、純粋なエジブシャンやターキッシュのベリーダンスのパフォーマンスを見ることは本当にまれになってる。

私自身トライバラルにしか目を向けてなかったから、つい最近までどれがエジプシャンでターッキシュなの他のダンサーを見ててもかさっぱり見分けがつかなかった。 

いまや、アメリカではそういうごちゃ混ぜベリーダンスは“アメリカン・フュージョン・ベリーダンス”とも呼ばれたりもする。 まあ、それはそれでベリーダンスのスタイルとしては純粋な中東のベリーダンスにはなかった素晴らしいテクニックや技が発達してきて、観客にとっては素晴らしいエンターテイメントになっている。

ただ、ダンサーがプロとして舞台に立った時やクラスで教える時に知っておかないといけないといけないのは、本当に何を観客に見せてるのか、生徒に教えてるのかだと思う。 

もし、あるダンサーがエジプシャンの音楽をかけてターキッシュの衣装をつけてシミー、シミーして、「私、エジプシャンスタイルのベリーダンサーです」って言ったとしたら。 エジプトの伝統もトルコの伝統も踏みにじっていることになりかねない。 これはアメリカのイベントやレストランのダンサーではよく見られること。

スヘイルはそんなプロのダンサーを見たときに心の底から怒りと悲しみを覚えると言ってた。 彼らの国の伝統、文化をけなされてるように感じると。

確かに伝統が正しく伝えられることの少ないアメリカでは、私も日本人としてよく「えーっ、それって日本じゃないでしょう!」って言いたくなることは多々ある。 

勝手に私の国の文化を間違えて伝えないで、ってどっかで思ってる。 この気持ちは怒りでもあるし悲しみでもある。 ただの「私の文化なんだから、あなたがやらないで」っていうようなエゴから来てる感情なのかもしれないけど、アメリカに住んでる他国の、しかも伝統ある国の国民としてスヘイルの気持ちはよくわかる。

彼は彼の国の伝統を正しく伝えてほしいのである。 踊るなっていってるわけじゃない。 

「自分の家で友達や家族に見せるのに踊ってるのなら何も言わない。 でもプロっていうのなら、プロとして踊っているベリーダンスを使ってお金を稼いでいる、人に伝えているのであれば背後にある文化、歴史、伝統、その国々に敬意を払うべきだ。」

彼のこの言葉は強い。 彼のクラスを取ったことのあるダンサーの中には、この言葉に耐えられない人もいる。 

特に彼は純粋なエジプシャンのベリーダンスの仕方をドラマーの目から見て教えるから、この音が来たらこの動き、あの音だとこれって、アメリカン・フュージョンで踊ってきた人にとっては、堅苦しくてたまらないという声も聞いた。

その点私は、キャバレースタイルの”キ”のじすらしらなかったから、体に癖がついてたかったせいか、すんなり納得できた。 

やりにくかった点もある。 私の体はトライバルの動きが刻まれていて、キャバレーのあのしなやかなかわいい動きができない! おんなじベリーダンスでもキャバレースタイルとトライバルでは世界が違うというのを痛感。 

スヘイルの助手をしているダンサーのZivaとVictoriaのおかげで、なんとかあとの方でうごけるようになった。 

なんにせよ、初エジプシャン・クラシカル・ベリーダンスをスヘイルに習えて本当に良かったと思う。

もし機会があったら12月の日本のワークショップにぜひぜひ行ってみてください。


スヘイル 日本 ワークショップ


To be continued.....
キラキラ☆スーパースター ベリーダンサー2
Middle Eastern Music & Danceキャンプに入った一日目、私の眼はこの女性にくぎ付けになった。

きれいな長い黒髪に、大きなまっすぐな瞳。 小さな体だけども芯がシャンってしてる。

歩き方身のこなし方から素晴らしいダンサーなんだろうなぁと予測ができた。

Sadieのようなキラキラ光線を放っていた彼女はこのキャンプの先生の一人、Miriamだということが後のオリエンテーションのときに分かった。 しかも私がすっごくひかれていたクラスの先生。

彼女はペルシャ、タジキスタンの民族舞踊、モダン民族舞踊の先生だった。

Miriam.jpg
 

私の今年の目標は北インドからヨーロッパまでのジプシーの踊りと音楽をたどること。 

そう、映画 ”Latcho Drom"で見たことをこの体で体験したかった。

とくにATS(アメリカン・トライバル・スタイル)を踊っていると、いろいろな国の歴史、文化を知りたくなる。 

私のジプシーの旅は今年の3月のターキッシュ・ロマニのダンスから始まった。 そして1か月前にオディッシー(インドオリッサ州の古典舞踊)とラジャスタン(北インド)の民族舞踊、ジプシーダンスのリトリートを経験して、この2つの架け橋になる中央アジアの民族舞踊がとっても気になっていたところにMiriamのクラス!

時間の関係で1回しか彼女のクラスを取ることができなかったけれど、彼女は思ったとおりのすばらしいダンサーだった。

インドの舞踊からベリーダンスへ変わるそのいきさつが彼女の教えてくれた踊りの中でたくさん語られていたような気がする。

Miriamの踊りの中にはしっかりしたぶれないなにかを感じた。 すっごく力強い動きの中に美しいしなやかさがある。 

彼女にとってダンスはとっても神聖なもの。 彼女はスフィーの踊りもする。そうあの、ぐるぐるぐるぐる永遠に回ってるダンス。 

彼女は言った、“私たちは空っぽの水がめのようなもの踊っている時に空っぽになればそこにはあなたの周りにあるすべてのエネルギーが入ってくる。”

色々なスタイルのダンスを彼女は教えてくれたけれども、何を踊っていても彼女のダンスは神聖さを感じさせるものだった。

神聖なダンスと呼ばれる舞踊は世界でもいろいろあるけれでも、私にとってはダンスそのものが神聖なもの、踊る人が踊る時に“自分”をなくして“からっぽ”になれれば、どんなスタイルのダンスを踊ってようがその人も、場所も、ダンスというアートも神聖なものになれると信じてる。

Miriamはそれをしっかり私の目の前で実演してくれたように思う。

どんな動きをしていてもしっかりと地に足がついてる彼女。 

私は素敵な目標の人を見つけられた。

Miriam Website: http://www.miriamdance.com/


***
Love like you have never hurt before
Work like you do not have to
Dance like no one is watching
***


キラキラ☆スーパースター 
先週から夏休み中です。
料理のお仕事のお休み中は、やっぱりダンスダンス!

で、1週間のMiddle Eastern Music & Dance Campへ行ってきました。 

北カリフォルニアの美しい杉の森のキャンプ場で1週間、毎日中東のダンスと楽器のクラスにみっちりつかってきました。

総勢20人以上のダンスと音楽のエキスパートの先生方が集まります

私の受けた1人1人の先生を少しづつご紹介していきましょう。

まずキャンプで一番最初に出会った先生はこの先生。

Sadie


☆SADIE☆

Sadieは日本でもよく知られている先生だね。 彼女、来年来日するって言ってたな。

彼女のテクニックはやはり素晴らしかった。 なんていっても動きがクリアー。 無駄がない。

彼女のお茶目な性格もダンスに現れる。 

もともとこのキャンプには生徒としてきていたらしい。 今年から講師として呼ばれてきた。

彼女が生徒としてクラスの中で踊ってるのを想像すると、何だか変な感じがした。

このダイナマイトボディーにキュートな顔とこのスキル。 

生徒としてもひときわ目立っていただろうと思う。 

何をしててもキラキラして見えるSadie。 CDを変える時さえもポーズが美しい。

スーパースターって言われる人は普段でもやっぱり輝いているんだね。

Sadieはそれにしても鼻高々じゃなく、わりと控えめでとっても優しい。

そして衣装を着ていなくてもGorgious!

よく衣装来てる時と来てない時で人がまるで変わるダンサーってたくさんいるよね。

Sadieはそのまんまでした。

with Sadie

キラキラダンサーになるためには日々の練習と、生活の仕方から。

姿勢も身のこなしもダンスをしている時のようにしなやかにちゃんと軸をもって、だね。


このキャンプにはもう一人Sadieのようにキラキラした光を放ってる人がいた。

 ー Miriam

彼女の記事は次回に。

Sadie's Website: http://www.sadiebellydancer.com/home.php?c=1&w=38&r=Y

          *** 
Love like you have never hurt before
   Work like you do not have to
   Dance like no one is watching......
    ***

Copyright © 心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。