心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活
トライバル・ベリーダンサー、アーティストとしてのSawakoの面白カリフォルニアン生活をご紹介。\r\n\r\n”踊る”ことは”祈ること”。\r\n\r\nダンスとアートを通して、心と体の魔法に気付いていく日々を綴ってあります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/09/17(土)   CATEGORY: 心の魔法
恋するダンサー
もう9月でカリフォルニアは夏もあったのかどうか、もう秋の気温です。
まだJuly4thの話の続きですが、やっと書き終わりました。ちょっと長いです。

*****

July 4th, Oaklandのイスキアさん宅のパーティで出会った2人目のアーティストはSusan Osborn.
日本でも彼女の名前は結構知れているんじゃないでしょうか? 
映画、地球交響曲(ガイアシンフォニー)にも出てきました。アメリカの癒しの声の持ち主Susan。 
素敵なうさと服(デザイナーうさぶろうさんの特別デザインらしいです。)に身を包んだ彼女は見るからに癒しオーラが出てて、会った瞬間

“あなたがベリーダンサーの沙和子? 楽しみにしてるわよ。”

と、言って、すぐハグしたくなるような声楽家ならではの体と、久しぶりに古い友人にでも再会したかのような笑顔で私をほっとさせてくれました。

Susanの歌声は目を閉じて聞いているとなんだか森の中に静かに立って、そこのマイナスイオンを体いっぱいに吸っている、そんな感覚を与えてくれる歌声でした。 

この人とっても歌が好きなんだなぁって分かる。声でもその包容力でハグされてる気分です。

彼女は即興でも歌を歌ってくれました。彼女の友人のドラムの鼓動を思わせるようなリズムにSusanの声がスッと入ってきます。

この即興にあわせてまたまた素敵なオーラを発しながら出てきたのが、名古屋から来ていたコンテンポラリーダンサーの魂宮時(たくじ)君。 

深い呼吸と共に動いていく体の部位一つ一つがSusanとドラムのエネルギーと共鳴している感じ。見ていて自分もそこで体を動かして一緒に呼吸してる感覚をもらいました。

こういうアーティストたちと会えるというのはアーティストとして本当にありがたいこと。インスピレーションが一度に私の体の中に流れ込んでくるようです。

私のパフォーマンスの後、おいしいごはんを食べて今度は参加者全員を交えてのジャムセッション。 後のみんなでベリーダンスを踊ったり、ドラム叩いたり。 ここが私の一番大好きな時間。 パフォーマーも観客も全員が一緒に作りあげられるアート。

ドラムをたたいていると魂宮寺君がまた踊ってくれました。 その時私の体はドラムを放して、
魂宮時君の動きに吸い込まれていちゃった。 

あとは音とその場のエネルギーが私と魂宮時君の体を誘導してくれる。

ドラムをたたいてて、呼吸してて、踊ってて、”ここにいる”感覚。一人でいるようで、しっかりみんなに守られている感覚。なんだか久しぶりにこの感覚を味わえたような気がします。

私が踊っている時いつも探しているのがこの感覚。 私が踊りたいのはこの踊り。“私”をおどってて、“すべて”をおどってるこの感覚。 私のゴール。それはベリーダンスでもいいし、コンテンポラリーでもいい。

これができた時の私の中に流れ込むエネルギーと外に注ぎ込まれるエネルギーは表現できないほどに大きい。そのエネルギーをそこにいたみんなが同時に感じられていると思う。踊っている人も、ドラム叩いている人も、ただ座って見ている人でさえもそのエネルギーを感じていたと思う。

それは私が創りだしたものではなくて、そこにいつもあるエネルギー、自然から、宇宙からいつも私たちに注がれているエネルギー。

ただ、いつもと違ったのは、私たちがそのエネルギーに対して私たち自身を大きく解放できたこと。音楽と、踊りとここにいてよかったって思えたみんなの感謝の気持ちが私たちを解放してくれたんだと思う。

“道をあけた者に対して宇宙はエネルギーをいくらでも注いでくれる。エネルギーなんでいつでもそこにあるのよ。それをブロックしているのは私たち自身。”

と言われた由美子先生の言葉がその時ようやく本当に理解できたと思った。

あの時私は踊っていて、すごくドキドキした。体全体が鼓動を打っているような感覚だった。緊張感ではなくて、どちらかというとすごい恋に落ちたあの時の感覚ととっても似ている。とっても心地よい、エネルギーが湧き出るようなドキドキ感。

もしかして私、魂宮寺君に恋でもした? とおもうぐらいのドキドキ感。

そのあと数日ドキドキしながら考えてた。ドラマで共演して恋に落ちちゃうあんな感じなのかなぁ? 

あのドキドキを思い出すたびに、エネルギーが湧き出て元気になる。いろんなことにやる気が出てくる。わぉ、このドキドキとっても便利。

でも、前に恋に落ちた時ってこんな感じだったっけ? ちょっと違う。 いやだいぶ違う。エネルギーが違う。その質が違う。

恋した時ってこんなに素敵なエネルギーもらえるんだっけ? 

とっても嬉しかった。

でも、正直に言うと、一応結婚してる身なので罪悪感が一瞬私の中をかすめました。それでもこのあふれるようなエネルギーをその罪悪感で止めてしまうことはしたくなかった。だから、私のパートナー、スティーブにもそこであったこと、感じたことを話してみました。

スティーブは正直に話してくれたことがとてもうれしかったらしく、彼もそのエネルギーを私から感じ取れたようです。うれしいね。

あの日私は本当にキラキラした宝物をもらった気がします。私が恋をしたのは一緒に踊ってくれた魂宮時君でもあり、その周りでドラムをたたいてくれてたSusanやその他の人たち、いっぱいの笑顔で私たちを見ててくれてた人たちみんなでもあります。 あの場所で誰がひとりでもかけていたら、きっとこのセナジーは起こり得なかったと思います。

あそこにいたみんなからこの素敵なドキドキをもらいました。恋をするって本当に素敵だなって、思います。 きっともっと素敵だったのは恋をした自分にドキドキしたことかもしれません。

あの日の後、数日間まだあのドキドキが鮮明に私の中にあった時、会う人全員が私の恋人に見えました。とってもいとしい人に見えました。不思議だね。 マッサージを受けに来てくれたクライアントでさえいつもと違う人に見えました。その日のチップはやたら多かったです。(ホントに。笑)

人のエネルギーってすごい力ですね。

こんな感覚をみんなが持てたとしたら、世界平和はチョー簡単!

このドキドキ感、私も踊りながらみんなに届けられるといいな。

ベリーを踊ってても何を踊ってても、どこで踊っててもそれができるようなダンサーを目指して。

日本の公演の日ほぼ確定です。今年のテーマは“いのちの祭り”。お楽しみに。
詳細、ビラはまた後ほど。

群馬(高橋市) 12月3-4日 湧式呼吸法ワークショップ
東京 12月9日(金) “いのちの祭り”@ノマラクダ
京都 12月11日(日)“いのちの祭り”@曹洞宗・乾窓院
鹿児島 12月16-17日 ベリーワークショップ 12月18日“いのちの祭り”@浄土真宗・性応寺
沖縄 12月後半 予定

DATE: 2011/07/06(水)   CATEGORY: 未分類
キラキラの出会い
素敵な出会いはこんなにもたくさん天から降りて来るものでしょうか。

昨日言ってきたパーティで、あまりのたくさんのキラキラの出会いにいまだどきどきしたままです。

こういう出会いがいつも私を成長させてくれます。

”あぁここにいて良かった。”って思います。

まず最初に紹介したいキラキラ人は人と人を繋ぐ魔法使い、サンフランシスコ・イスキアさん。今回のパーティはイスキアさんのOaklandのお宅でありました。(彼女の名前はガイアシンフォニーに登場した森のイスキアの初女おばあちゃんからいただいたそうです。)

彼女はサンフランシスコ・ジャパンタウンの針師。で、素敵な裏の顔を持ってます。いや、こっちが表かも。彼女の周りにはいつも素晴らしい人たちが集まります。アーティストから会社の社長や僧侶やとにかくキラキラ人たちの集まりです。彼女の中から出ているエネルギーにみんな惹かれて集まってきます。

彼女は人と人を繋げる糸の紡ぎ手です。

今回はこのパーティでのダンスの依頼を受けたのと、会ってほしい人たちが来るからとこのパーティに招待されました。

40人ほど集まったパーティで最初にお会いしたのは日本からゲストスピーカとして来ていた草場一壽さん。

彼は有田焼の地元で陶彩画という世界初、陶器に描かれた絵画の技法の考案者。そして彼の描くものは観音様たち。その技法の繊細さと観音様の顔の美しさに涙が出てくるほど感動しました。私が描くベールペインティングの技法にも発色の仕方が似ていたので、とっても惹かれました。

草場観音

吸い込まれそうなこの青が本当に美しい。

本物を見たいです。今年、私の中では青がテーマ色になってるようなので、特に惹かれるんだと思います。

彼はベストセラーになった絵本”いのちのまつり”の作者でもあります。 学校の教科書にも載ってるらしいです。

彼の絵本を交えてのお話はとても素晴らしかった。

いつか私の実家のお寺にも来て講演してほしいですね。

後で彼とお話ししてるときに彼が最近“寺ピカ計画”というプロジェクトを立ちあげたと言っていました。
葬式仏教を見なおそう! お寺をピッカピカに輝かそう!というプロジェクト。 

私ものった!

4年前から京都や鹿児島の実家のお寺でベリーダンスのショーを始めたのにも草場さんと同じ思いがあったから。

お寺の娘として生まれ育ち、いつも疑問を抱いて結局は仏教の道とは別の道を選んだ私は、まわりまわって同じようなところに行きついてるようです。葬式や死のイメージのついよいお寺の本当の役割をお寺にかかわる人たちだけじゃなく、その地域にいるたくさんの人に気づいてもらいたい。

お寺は人が死んだ後の事をどうこうするところではなく、極楽浄土に行けるようにお経を唱える所でもない。今生きているそのこと自信、命の大切さを学ぶところだと思う。

これをつたえるのが私の一つのライフワークにもなってきてるように思います。

そしてこのライフワークに欠かせないのはアート。 

私が私でいられる道具です。

私の命がキラキラ輝ける手伝いをしてくれる道具です。 

いのちをお祝いする道具です。

今年も12月にダンス公演を予定してます。今回はちょっとおおきく、盛大に。東京、京都、鹿児島と沖縄へ。

テーマは”いのちの祭り”

本当は伝統のテーマで行く予定だったのですが、震災後なんだかしっくりこなく、このショーで本当は何がしたいのかずっと自分の心で質問しながら企画書を書いていました。

やりたいことははっきりしたのですが、ショーの名前がなかなか決まらず、実はこのパーティのフライヤーで”いのちのまつり”を見たときに、
“あぁ、これだ!これがしたかったんだ”とピンときて、名前お借りしました。

草場さんのお話を聞いててもっと自分の中でこのショーを何のためにやるのかがはっきりしてきました。

自分の命を生きることを楽しもう。 

草場さんは“毎日がいのちを祝うお祭り”とおっしゃってました。まさにその通り。

今回はベリーダンスだけじゃなく、色々なジャンルのミュージシャンとダンサーたちと一緒に観客の皆さんとお祭りです! 私たちの祈りと希望を日本へ。

特に震災後、復興を迎えた日本に私たちのキラキラパワーでエールを送りたいと思います。

ということで、話は草場さんに戻りますが、彼はかなりひょうきんなキャラクターでした。 お酒が入ってたのもあるけど、とにかく面白い。

草場ダンスも出てきて、みんなで踊ってました。

彼の講演のあとはHealing VoiceのSusan Osbornの歌と魂宮時(たくじ)くんのキラキラダンス。

この方たちの紹介はまた次回。

はい、ちゃんとすぐ次回を更新します。(今回はちょっと長い間更新をさぼってしまいましたからね。)

沙和子

**********
Love like you have never been hurt before
Work like you do not have to
Dance like no one is watching......

  
DATE: 2011/03/21(月)   CATEGORY: ダンサーの心得
今、舞うこと
震災が起きた日、私の電話とメールにはアメリカ人の友人からたくさんのメッセージが届いていた。
私は普段からニュースを見ない。 家にテレビもない。

それを知ってる人、知ってない人みんなが私の日本の友人と家族を心配してメッセージを送ってくれた。
とてもありがたかった。

その日、朝一でインターネットのニュースを読んだ。地震の起こった場所、大きさ、津波の情報。それを頭に入れて向かった先は津波警報の出ていたベイエリア。 それも海が目の前のホテル。

その時アメリカに津波警報が出ていることを知らなかった私はRakkashのクラスを教えに向かった。 

朝のニュースを読んだ後も驚くほどに平常心を保っていた私は、ここ最近になって“私ってなんて冷淡な・・”とも思った。 電話でニュースを教えてくれたアメリカ人の友人のほうがパニクッていた。

ベイエリアの日本人の友人Sちゃんは海の近く、バークレーに住んでいたので、撤去勧告がいつ出されてもいいように、緊急事態の脱出準備をしていた。

何にも危機感のなかった私はクラスも終えてその友人のところに遊びに行くと、よく来ようと思ったね、と驚いた顔をされた。私の反応は当然、え?なんで?

最初のニュースから3日間、全然ニュースを見なかった。情報はベイエリアのそのSちゃんが全部教えてくれた。 平常心を保っていられたのは多分どれだけひどいかを映像で見なかったから。家族と友人がほとんど大丈夫だと分かっていたから。 

家族に電話したのは4日後。

”そういえば、サーちゃんから電話来ないねぇって言ってたのよぉ。”
と鹿児島人・母が電話先で言った。 やっぱり心配する必要はあまりなかったみたい。

初めて4日前に送られてきた津波の映像を見た。さすがにその瞬間はぞっとした。 そして、その瞬間から他の映像を探そうとしていた自分に気づいた。

”これ以上悲惨な映像を見てどうするの?” 

半分怖いもの見たさで映像を探していたかもしれない。必要な情報はもうもってる、これ以上の悲惨な映像を見ることはきっと恐怖感と無力感を生むことにしかつながらないかもしれない、そう思った。

今私に必要なのはこの時点でできることを見つけること。

それにはできるだけ正確な新しい被災地の状況を知りたかった。実際に被災地に行ってるてんつくまんのブログを最近見ている。

どれだけ恐ろしいことが起こっているかばかりを流すメインストリームのニュースを見るよりは、実際何が今必要で、どんな救済活動が行われているのかを知りたかった。

日本から遠くにいる在米日本人の人たちの多くが今もどかしい気持ちで毎日過ごしてる。何かしたい。そういう思いだけが募って、実際に日本で直接助けを出せないむなしさといらだたしさを隠せない。 

ここにいてできることはなんだろう。

私の最初の答えは

舞うこと。

自分がしっかり中心軸を持ってできることをしたい。一番自分のエネルギーが高められるもの、大好きなものをすることで、周りにいる人たちが元気を出せる表現方法を私はもっている。

高いエネルギーには高いエネルギーが引き寄せられる。
その時に私たちのこころに描くものはすごい力を作りだすと思う。最短距離でほしいものを現実化できると信じてる。

だから、踊ること、舞うことは私にとって祈ること。

だからずっと祈りの舞を舞ってきた。 

踊っていても踊っていない時も私の思いと祈りは日本へ馳せられる。
被災地の人たち、そして被災地にいない人たちでも今心を痛めてる人たちに笑顔が戻っているイメージを頭の中で強く、強く何度も描く。

踊れば踊るほど、そのイメージはしやすいしどんどん強くなる。瞑想も深くなる。祈りはどれだけでも強くなる。

踊ってほしい。それが今このブログを読んでる人の表現方法なら。

絵を描く人もいるかもしれない、音楽を弾く人もいるかもしれない。もしかしたらそれは(安全であれば)ただ仕事に行って今までどおりに過ごすことかもしれない。どんな表現方法でもいい、その人が強くその人でいられることをこういうときほど続けられるとパワフルだと思う。 

それが、強い私たちの支えになってくれると思う。 そしたら、どんなに落ち込んでいても、苛立っていても戻って来れる中心があると感じられると思う。元気になれると思う。

自分がまず元気になれれば、その元気はすぐ隣の人に伝わっていく。 

恐怖感を感じるのも無力感を感じるのも今は当然の事だと思う。それを感じることは全然悪い事じゃない。ただ、
それはずっと続くことではないって事、戻って来れる中心が自分の中にあるということを知ってるとうれしい。


元気の光はいっぱい日本に、世界に広がっていける。 

日本神話の中で、あまのうずめが舞ってアマテラスの光が世界に戻ってきたように。 踊ろう!

そして踊ることで自分がげんきになったら次の自分が今できることがおのずと出てくるはず。


アメリカでは支援金活動のイベントをどんどん立ち上げていく予定です。
できれば草の根でもてんつくまんたちのような直接救済活動をしてくれてる日本の団体を応援してあげたい。
もし他にそういう応援してあげたい団体を知っていたら教えてください。

感謝の気持ちを込めて。

沙和子 



DATE: 2011/03/10(木)   CATEGORY: ベリーダンス
Rakkasah始まったよ
今年から始まったRakkasahのOpening EventーMoon Over Rakkasah に行ってきました。

このEventでは私のもとATS師匠Cintiaと一緒に Cross Caltural Tribal Styleというクラスを教えました。私の役は呼吸法をこのクラスに導入すること。 ダンサーにとってダンスの練習以外に必要なものを呼吸法によって補います。

そのあとCintiaがペルシャの手の動き、インドのムードラ、フラメンコのフローレオ、サルサステップ等等色々教えてくれました。 違った国と文化の民族舞踊をベリーダンスにどう導入するかを学ぶのが今回のこのクラスのトピック。 これがトライバル・スタイル・ベリーダンス。 

彼女はほんとに色々な国の踊りを知ってます。 もっといろいろ彼女から学びたいでなぁと思いました。

ひとクラス教えた後にそのまま残ってOREET先生のラテン・ベリーダンスのクラスを取りました。この先生とっても小さいんですが、踊り始めるとオーラが広がって体が大きく見えます。 

オリエンタルダンスの中に、チャチャチャとサルサステップと色々入れてくれました。とっても楽しかった。

おひるのクラスが終わったら夜はやっぱりハフラ。 

クラスを受けた生徒さんたちと先生たちのショー。 今回Cintiaは残れなかったので私がかわりに踊ってきました。私一人だけトライバルでしたが、なかなか受けたようです。 

他の先生たちのオリエンタルスタイルでも色々な個性を見せてくれてとってもおもしろかった。 ほとんどカリフォルニアのベリーダンスを60,70年代から盛り上げてきている人たちばかりで昔のベリーダンスを見せてもらえました。

皆さん Old Timer ですが人生経験がダンスに出てます。素晴らしかったです。

Rakkash

1番左から私、
Fatima(サクラメントの昔からいる代表的なベリーダンサーです。Shukriyaと一緒にRakkasahを企画した人です。)
Una(確かこの日にSahidiを教えてくれた先生。)
Naheda(ドイツからきた先生。ダイナミックな素敵なダンスでした。)
Michelle De vine (Shukriyaの娘。トライバルダンサー。Rakkasahの常連先生。)
Shukriya(Rakkasahの発起人。昔からベリーダンス界の盛り上げ役です。)
Leila Haddad (私の好きな先生の一人。チュニジア、モロッコのダンスが専門。Sahidiも教えてくれます。すごくかわいい、バカなことを言うのが大好きなお茶目で先生です。私の衣装のブラを偉く気に行ってました。フランス在住なので私服は偉くアバンギャルドでキュート。)
Dee (昔からのダンサー、Rakkasahのスタッフ。)
? (確かこの人もスタッフ。)
  (Rakksahのスタッフ、カリフォルニアの昔からのベリーダンサー。旦那さんがRakaksahのカメラマン。)
?(この日のクラスの生徒さん、笑顔がとっても良かった。)
真ん中に座ってるあかのジャージが Oreet(ラテン・ベリーダンスの先生。) 

?(確か先生なんだけど、名前が分からなかった。昔ながらのエジプシャンを踊ってくれました。動きは少ないんだけど、雰囲気がいっぱい。この衣装が私はとっても気に入ってます。)

楽しい一日でした。
ダンサーが集まる場所ってホントにいいですね。いっぱい元気をもらえます。
DATE: 2011/03/06(日)   CATEGORY: ベリーダンス
Rakksah Week
さて、北カリフォルニアは春のにおいがしてきました。
春といえばラッカーサフェスティバル。
毎年ワークショップをいくつかとって、週末にパフォーマンスですが今年はそれに加えて、ワークショプで少し湧式呼吸法を教えることになりました。

今年からMoon Over Rakkasahという週末のイベントがRakkasahのOpeningとして加えられえました。

お昼間はずっといくつかのワークショップで夜はその参加者と先生のショーです。

明日…もう今日か、そのMoon Over Rakkasahでのワークショップで私のATSの師匠だったCintiaとクラスを教えてきます。

Cintiaは色々な民族舞踊をよく知っている先生で、動きはもちろん歴史もよく教えてくれます。
今回は彼女のクラスの中で呼吸法をやらせてもらって、そのあとにいろんな民族舞踊をトライバル・ベリーダンスにどう入れていくか、というクラスをします。

楽しみです。

今年は日本から知ってるダンサーが2人ほど来てるようなので彼女たちとRakksahで会えるのも楽しみでうす。

では、行ってきます。

沙和子
Copyright © 心と体の魔法塾 * カリフォルニアのベリーダンスとアート生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。